ドリル時に無視するフィルターを設定する

KPIカードのドリル時に、フィルター除外できる項目を設定できるようにする。


例:

折れ線カードA → (ドリル) → 折れ線カードB → (ドリル) → 折れ線カードC

 

折れ線カードA

 大区分ごとに複数の折れ線があり、X軸(横軸)は月毎になっている。

折れ線カードB

 小区分ごとに複数の折れ線があり、X軸(横軸)は月毎になっている。
 フィルター除外設定:X軸

折れ線カードC

 小区分ごとに複数の折れ線があり、X軸(横軸)は日毎になっている。

 

通常、折れ線カードAをクリックすると、選択された大区分とX軸値(1つの月)でフィルターが掛かった 折れ線カードBが表示されます。
この場合、折れ線カードBは“折れ線”ではなく、ただの“点”で表示されます。
そのため、フィルターで絞られてしまったX軸値を外す作業が毎回必要になり、面倒且つ、カード作成者以外には分かりづらいです。
また、スマホアプリでは絞られたフィルターを外せないので、見たいものが見れません。

 

そこで、折れ線カードAから折れ線カードBに遷移する際にフィルターしない項目「フィルター除外設定」が指定できれば、上記の問題が発生しなくなり、カードのドリルがスムーズにできるようになります。

 

下図は、無駄なフィルター(X軸)されてしまった折れ線カードBのサンプルです。
X軸の「CalendarMonth is 2016-3月」を毎回外す必要があります。
この場合、フィルター除外設定に「CalendarMonth」を指定しておけば、ドリルした時点で“点”でなく“折れ線”になる。というイメージです。

ドリルで不要なフィルターされた折れ線グラフ

8 votes

· Last Updated

Comments

Sign In or Register to comment.

Hey, Stranger!

It looks like you're new here. Those who sign in get access to engage with even MORE fire content. To get involved, click one of these buttons!