カード作成リクエストの受け方

ダッシュボードやカードを作成する際の

カードを作らない人からの要望は、どのように吸い上げられてますか?

 

要望がふんわりしていて、目的が定まってない状態で引き受けるのが多くなり

もう少し効率的かつ効果的に、カード作成の要望を吸い出せたらと思っています。

 

リクエストシートなるものを用意していますが、ただこれやって欲しいと書かれるだけなので

何か良いアイデアがあったら教えてください。

Comments

  • @Jiroさんこんにちは。

    ■カード

    私がカード作成の要望聞くときには

    まず以下2点を聞いてなんのためのカードかを見極めます。

    • ただ数値(結果)を見たいだけのカードか。(興味とかふ~んていどなもの)
    • 問題発見してアクション(行動)するためのカードか。
    • データの更新頻度(新鮮さ)はどの程度必要か。(1日1回朝とか、1時間ごととか)

    両方に共通する次の質問は

    • どんな軸で今見ているか。(見たいか) (月別推移で年齢別に会員数を。みたいな感じ)

    問題発見やアクションのための次の質問は

    • どういう風な分析をしてどんな問題を発見したいのか(仮説でもよい)。(会員数の増減と年齢が関係しているか)
    • 問題を発見したらどんなアクションを起こすのか。(伸びてる年齢むけ施策を考えるとか、減ってる年齢の人にテコ入れするとか。もしくはさらに詳細分析をGoogle Analyticsで行う。とか)

    最後に、相手がカードのイメージできてなさそうなら、紙にグラフ書いてこんな感じですかねー? とやってます。

    認識のズレはかなり少なくなると思いますし、問題発見やアクションに紐付かない時は、そのカードそもそも必要ですか? と作らないということもできます。

     

    ■ダッシュボード(ページ)

    レクションとカードを以下のような感じで伝えてますが、これはイメージできる人にしか伝わらないので、少しサンプル作って見せての繰り返しの方が良いと思います。

    KGI (コレクション)
     ├ 新規入会数(月別)
     │ ├ 新規入会数(日別)
     │ └ 入会者情報

     └ ○○

    KPI (コレクション)

     └ ....