ETLのステータス詳細「処理済の行」の数値に関して

ETLを作成&実行するとETLのコマンド毎に「この処理でレコード数がいくつになりました」と途中経過のような行数値が表示されますが、

 

入力DataSet:元データの行数が表示

出力 DataSet:最終的なデータセットの行数が表示

 

これは合っているのですが、途中経過の

フィルター作業に関しての行表示がおかしくなります。

 

同じコマンドからフィルターでNULL値とNOT NULL値を出すと分岐させているのに、どちらのフィルターも同じ数値が表示されます。

 

フィルターだと正確な数値が出ないのでしょうか。

どなたかご存知の方がいらっしゃればご教授くださいませ。

Best Answer

  • Matz
    Matz admin
    Accepted Answer

    「処理済の行」については、各処理のインプットデータの件数となります。

    よって、異なる処理を行っても同じインプットデータの場合、同じ件数となります。