日本の天気データの取得について

天気データと自社の売上データなどの相関分析をしたいという要望が良くありますが、比較的簡単に日本の天気データを取得する方法がありますので情報を共有いたします。

・使用コネクター:NOAA Historical Weather

①USの大洋気象庁NOAAの下記サイトからWebServiceAPI Tokenを取得し、接続のCredentialsに設定する

https://www.ncdc.noaa.gov/cdo-web/token

②設定のREPORTでDaily Summariesを指定

③UNITSでStandardを指定

④STATION ID(S)で添付のExcelのStationIDを指定。

IDはカンマ区切りで複数指定も可能

(※IDとしてGHCND:を頭につけるのがポイントです)

⑤DAYS OFFSETで何日前までを取得するかを設定

⑥DAYSで何日間のデータを取得するかを設定

 

これでDailyの日本の130拠点くらいの最高気温、平均気温、最低気温、降水量、降雪量が取得できます。ただし、データは直近のデータはなく5日前くらいまでのデータの取得が可能なようです。

ただし、気温は華氏表示なので、 「(華氏 - 32) ÷ 1.8 = 摂氏」の式で℃に変換する必要があります。

 

3
3 votes

· Last Updated

Comments

  • IF
    IF ⚪️

    NOAAから発行されるTOKENは10日ほどでExpireしてしまいますので、定常的なモニタリングには難しいかもしれません。