Magic ETL v2について

当社では、旧バージョンのv1のETLを運用している状態ですが、

皆様の中でv2でETLを運用されている方に感想を聞かせていただければと思います。

過去にコンポーネントのAPI仕様変更等でデータ更新がされなくなった経験があるため、

正直なところ、ETLのアップデートに不安を感じています。

現状、v1で作成したETLとの互換性などご教示頂けますでしょうか。

よろしくお願い致します。

Answers

  • Matz
    Matz admin

    ETL v2のアップグレードに関するヘルプページが和訳されました。

    こちらも参考にしていただければと思います。

    ■Magic ETL v2にアップグレード(ベータ)

    https://knowledge-ja.domo.com/Prepare/Magic_Transforms/ETL_DataFlows/Upgrading_to_Magic_ETL_v2_(Beta)

  • jaeW_at_Onyx
    jaeW_at_Onyx Budapest / Portland, OR 🟤

    Read the linked documentation carefully. There are some unexpected problems regarding NULL handling in etl.


    That said, upgrading from Magic 1 to Magic 2 is orders of magnitude faster and you can write significantly more efficient dataflows using the Formulas tile.

  • 私はアメリカ人なので、日本語はまだ上手ではありませんですが、頑張ります。

    ETLv2はDataFlowごとに切り替えられます。 ETLv1とETLv2のDataFlowを並べて使用できます。

    ETLv1出力datasetはETLv2の入力として使用でき、その逆も可能です。

    フィルタタイルのようなものは、v1と同じようには機能しません。動作が異なるもののリストはすべてヘルプページにあります。

    ほとんどの場合、フィルタータイルのみを確認する必要があります。 努力はそれだけの価値がありました。1時間以上かかっていたDataFlowは、今では数分で実行されます。

  • Tsuyopon
    Tsuyopon

    domo

    💎

    Magic ETL 2.0を有効にした場合に、Magic ETL 1のDataFlowがどのようになってしまうのか、ご不安であるとお見受けしました。

    実は現在の仕様では、Magic ETL 2.0を有効化した後も、Magic ETL 1を並行して運用できます。(Thanks to RyanWilson-san!)

    Magic ETL 2.0を有効にしたDomo環境では、DataFlowの編集画面を開くと、画面右上に「新しいMatig ETLを試す」というトグルスイッチが表示され、そのスイッチを有効にしたDataFlowのみがMagic ETL 2.0として動作します。

    既存のDataFlowに対して、トグルスイッチを有効にしてMagic ETL 2.0に切り替えることも可能ですし、Magic ETL 2.0で作成したDataFlowに対してスイッチをオフにしてMagic ETL 1へ切り替えることもできます。

    Magic ETL2.0と1の互換性を検討する際に注意すべきポイントは、既に数名の方が触れている通り、Knowledge Baseに記載がございます。例を挙げると、以下の点などです。

    ・フィルター設定時、NULLの抽出/除外の条件設定が、Magic ETL 2.0の方が厳密に設定しなければならない

    ・日付/時刻の解析仕様が、Magic ETL 2.0の方が厳密である


    参考URL:Magic ETL v2にアップグレード(ベータ)

    https://domohelp.domo.com/hc/ja/articles/360047787514


    ご参考になれば幸いです。